ブランクに悩む薬剤師の方へ

医療業界では、新薬、新技術及び知識が次々と導入されています。なので、一旦、薬剤師の仕事から遠ざかってしまいブランクができると、復職することに不安を覚える方も少なくありません。

ブランクが長くなればなるほど、調剤の方法や薬に対する知識が薄れてきます。復職したいけれど、仕事をこなせるか心配になりますし、即戦力として期待される中途採用は難しいのでないかと不安はつきません。

しかし、実際には長期ブランクがあっても、立派に復職している薬剤師は結構いらっしゃいます。 ブランクのある薬剤師が復職に成功するためには、復職支援セミナーに参加する方法があります。人材紹介会社開催のものもあれば、病院や薬局主催のセミナーもあります。

復職支援セミナーでは、薬剤師の仕事に必要な調剤技術や知識といった基本技術を再習得できます。勘を取り戻すために多いに役立つセミナーです。基本技術の勘が取り戻せたら、次は制度の変更点を習得します。OJT教育も受けます。

主催している復職支援セミナーによって、セミナーの内容は違ってきますが、基本技術の再習得が可能で、制度の変更点が習得できるブログラムであれば、薬剤師としてのブランクは克服できるでしょう。

また、ブランクという悩みを解消するには、実際に現場で働くという方法もあります。その際の注意点は、職場における復職支援体制が整っているかどうか確認するということです。

ブランクのある薬剤師が復帰しやすいような支援体制が確立している職場であれば、長期のブランクがあっても安心して仕事に取り組むことができます。

また、いきなりフルタイムで働き始めるよりは、短時間のパートから徐々に慣れていく方が復職しやすいかもしれません。例えば、ドラッグストアや調剤薬局などでパートとして働いてみるといいでしょう。

薬剤師専門の転職サイトでは、ブランクのある薬剤師に適している職場を探してもらえるので、有効活用して気持ちよく復職できる環境を手に入れてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ