専門薬剤師や認定薬剤師の現状と将来性

特定の領域で医師の負担を軽減するために、仕事を分担して安全で安心できる薬物療法をする薬剤師が専門薬剤師です。 現在、専門薬剤師として認定されているのは「がん専門薬剤師」「感染制御専門薬剤師」「妊婦・授乳婦専門薬剤師」「精神科専門薬剤師」「HIV感染症専門薬剤師」などです。

専門薬剤師以外でも目立つのは各種の認定薬剤師制度です。 厚生労働省の基本的な方針には、薬剤師は国民の健康を担う人材として記載されています。 だから薬物療法以外にも薬剤師として関与できる分野はとても多いです。

その中でも<プライマリーケア認定薬剤師>が注目されています。 プライマリーケアは日本国民の健康福祉に関することを幅広く、いろいろな角度からあらゆる問題点を解決してゆこうというコンセプトを持った地域実践活動です。

「医師」「歯科医師」「看護師」「介護職」「福祉職」など多くの職種のスタッフが連携することを基本にしています。

薬剤師は薬学の専門領域で豊富な深い知識や経験を持っています。 薬物療法のみならず、日々の健康管理や予防や介護などの相談に答えられる広範な知識を持っている<ゼネラリスト>としての活躍が期待されているのです。

こういった観点から見ても<プライマリーケア認定薬剤師>は地域で勤務する薬剤師の今後の道筋を示すものと見られています。

<スポーツファーマシスト認定>を取得する開局薬剤師も増えています。 これの認定はロンドンオリンピックで注目されたアンチドーピング活動で一挙に有名になりました。 安易なOTC医薬品を服用することでドーピング検査にひっかかってしまう事例もあります。 薬剤師にとっては医薬品の専門家ですから取得しやすい資格です。

日本病院薬剤師会が認定する<専門薬剤師資格>はかつては開局薬剤師は取得できなかった資格です。 しかし、「がん専門薬剤師」は日本医療薬学会に移管されました。 それにつれて、認定要件が緩和されたので開局薬剤師も資格取得ができるようになっています。

近頃は、院外処方箋で「経口抗がん剤」が処方されるケースも多くなっています。 開局薬剤師にも専門薬剤師認定のニーズが高まって来ていると言えます。

以上のような専門性を標榜するには当然ですが客観的な認定が不可欠です。 専門薬剤師制度は国が認定しているものではありません。 統一された機関で認定されているものでもないのです。 日本学術会議は次のように提言しています。

・専門薬剤師の育成は関連学会や団体の責務
・第三者機関によって保証された研修や認定の仕組みが必要

以上、専門薬剤師や認定薬剤師の現状と将来性についてお話しました。

このページの先頭へ