治験コーディネーターの認定資格

医療系の資格を持っていなくても、治験コーディネーターになることは可能です。 しかし、正看護師、准看護師、薬剤師、臨床検査技師の資格があったほうが圧倒的に有利です。

また、企業や病院によって方針が異なりますが、臨床モニターとしての経験があったり、管理栄養士や獣医師の資格を持っている人も、治験コーディネーターになれる可能性があります。

医療機関での経験や知識を活かせる仕事なので、今までのあなたの実績を評価してもらえるかと思います。

さらに治験コーディネーターとしてスキルをアップさせたいのであれば、日本SMO協会というところが実施している認定試験を取得するといいでしょう。

この認定資格というのは、CRC認定資格といい、治験コーディネーターとしての知識だけでなく、価値を証明できる資格となります この資格を取るにはSMOに所属する必要があります。

このCRC認定資格があれば、転職に大変有利です。 日本SMO協会に加盟しているところや、認定資格を取得できる体制があるところで働くといいでしょう。

これらの資格を一切持っていないけど、治験コーディネーターになりたいのであれば、臨床開発モニターになって、経験を積めば可能性はあります。 臨床開発モニターは無資格の人も活躍しています。

しかし、臨床開発モニターになるには条件があり、優れた英語力と高いコミュニケーション能力の他に交渉力、実行力などが求められます。 簡単に誰でも採用されるというわけではありません。

英語力とはどのレベルなのかというと、会話や文書作成ができるくらいのレベルです。

治験コーディネーターの求人を見ても、看護師や薬剤師資格を持つ人であることが条件とされているところがほどんどなので、残念ながら全くの無資格だと現状は困難だと言えます。

看護師や薬剤師の資格があれば、治験コーディネーターとして活躍できるように、CRC認定資格の取得を目指してみるのもいいでしょう。

このページの先頭へ