薬剤師の月給について

薬剤師といえば高収入が期待できる仕事ということで知られていますよね。 実際に薬剤師の平均月収はどれくらいなのかというと、これは37万円ほどが平均月収となるようです。

ボーナスを含めた平均年収はどれくらいかというと、これは500万円を超える人が多いです。 これは、近年突然稼げるようになった職業というわけではなく、昔から安定して高収入が維持できているというデータがあります。

もちろん、突然年収が大きく下がることもないと予想できるので、今後も安定して高収入が得られる仕事だと言えるでしょう。

ただ、どこで働くかによって収入には大きな違いが発生するということを理解しておかなければなりません。 数ある職場の中でも稼ぎやすいとして知られているのが、製薬会社です。

製薬会社で働くためには先に経験を積んでからでなければなかなか採用してもらうことができないのですが、年収は800万円以上になることもあります。 働き始めたばかりの時期は450万円ほどの年収になることが多いようですが、成果を上げることができればどんどん年収が増えていくスタイルを取っているところが多いので、やる気を持って働くことができますね。

次に高収入が期待できるのはドラッグストアの店長職です。 ドラッグストアの中には全国チェーンという形で各地で展開されているところもありますが、そういった店舗で店長として働くことができれば、700万円以上の収入を得ることも不可能ではありません。

店長クラスでなくても400万円以上稼いでいる人もいるので、比較的稼ぎやすい職種だと言えるでしょう。

調剤薬局や病院は、それほど高収入が期待できるわけではありませんが、400~650万円の間で推移することが多いようです。

しっかり稼ぎたいと思っているのならば製薬会社勤務を目指したいところではありますが、製薬会社での業務内容はその他の職種で薬剤師が担当するものとは少し違うので、やりがいを持って働くことができるのかをよく考えおいたほうがいいですね。

このページの先頭へ