薬剤師の年齢について

職業によっては、若い人材が求められているものもあれば、年配でもベテランが求められる職業もあります。 薬剤師の場合はどうなのかというと、これは幅広い年代で活躍することができる職種だと言えるでしょう。

何歳から薬剤師を目指し始めるかというのも人によって違いますよね。 若いうちから薬剤師を目指すことができれば、まだ20代前半のうちから薬剤師として仕事を始めることができますが、しばらく別の職種で働いたのちに、たまたま薬剤師という仕事に興味を持つ人もいるはずです。

こういった場合、30歳を過ぎてから薬剤師を目指すということもあるでしょう。 ただ、薬剤師という仕事は、資格さえ取得してしまえば必ず就職できるという仕事ではありません。

というのも、今から薬学部に通うということになれば6年生で勉強をしなければならないので、実際に働き始めることができるのはかなり先になりますよね。 30代に突入してから薬剤師の資格取得を目指す場合、40手前からやっと働き始めることができるわけです。

確かに薬剤師という職業は非常に需要が高いのですが、薬剤師を目指している人の数はそれほど少ないわけではありません。 今後は、需要を供給が上回ってしまうのではないかと言われている職業でもあるのです。

そう考えると、やはりキャリアがない人よりも、20代のうちから薬剤師として働いてきてキャリアを積んだ人のほうを採用したいと考えますよね。

資格取得に関して年齢制限があるわけではありませんが、とにかく人手が不足しているという職業ではないので、ある程度の年齢になってから資格取得を目指すというのは厳しいと思っておいたほうがいいかもしれません。

薬剤師の数が増え続けているということもあり、今後は実力のある薬剤師が求められるようになります。 ただ薬剤師資格を持っているだけで就職・転職に困らないというわけではないので、薬剤師資格を取得したあとも努力を続ける必要が出てきますね。

ですが、しっかり努力をして経験を積んでいる人であれば、40代、50代での転職もしやすい職業だと言えるでしょう。

このページの先頭へ