薬剤師求人-年収を上げる戦略的な方法



薬剤師の年収については、ある一定の法則があるのです。 それに気がつけば、どんどんと年収をアップさせることができます。 あなたの身の回りでも起こっていることをキチンと見極めましょう。

今回は、薬剤師が飛躍的に年収を上げる戦略的な方法を解説します。 ある薬局から新卒で入社した薬剤師よりも転職してきて途中入社してきた薬剤師の方が年収が高い現象があります。 その答えは<前職の給与を考慮すること>と<薬剤師の需給バランス>の二つの要素と深く関係しています。

転職情報サイトの求人データを幾つか、みてください。 募集要項には<前職の給与を考慮します>とか<前職の給与は最低限保障します>なんて記載があります。 これに注目してみましょう。

私も薬剤師として、かなりの数の転職をしています。 その理由は明快です。 (1)早くお金をたくさん稼ぐこと(2)薬剤師としての経験値を効果的に早くマスターすることです。 今回の理由は(1)と関連しています。

作戦としては<地方や僻地では薬剤師不足が深刻になっていること>と<前職の給与を考慮します>を利用することです。 薬剤師の転職では不思議な通例があります。 以前の職場で貰っていた年収は保障してくれるようになっています。

薬剤師不足の僻地では破格の年収を提示してくれます。 こういった僻地の転職を繰り返してきたのです。 そうすれば<前職の給与を考慮>と<地方の薬剤師不足での高額年収>が相乗効果で、すごい勢いで年収が増えてきたのです。

もちろん犠牲にしなければならないこともあります。 「仲がよかった同郷の仲間」や「都会的な生活」です。

年収を上げるには条件をいとわないこと

転職先を探す場合に薬剤師求人サイトの専任コンサルタントに「日本で一番高い年収を出してくれる薬局を紹介してください」というだけでいいのです。 「勤務地」や「勤務時間」や「仕事のハードさ」を気にしていては駄目です。

「明日からでも仕事をしますから、せいぜい扱き使ってください!」と言えばいいのです。 専任コンサルタントは「本当に大丈夫ですか?」と念を押されるでしょう。 しかしながら、年収を上げたいならばここまで徹底して割りきって挑戦する度胸が必要です。

<関連サイト>
一般社団法人 徳島県薬剤師会
地域の薬局情報のほか、在宅薬剤師の情報発信などを行っています。

病院薬剤師の転職事情

薬剤師が活躍する職場といえば薬局やドラッグストアなどが多いですよね。それから、病院を選択する薬剤師の方も多いです。ただ、昔に比べると病院での薬剤師求人は数が減っているのが現状だといえるでしょう。

その理由として挙げられるのが医薬分業に関することです。薬剤師は病院内ではなく、調剤薬局での仕事が増えたため、病院で働く薬剤師が減ってきているのです。

そんな病院薬剤師の仕事内容についてですが、調剤薬局で働くのとそれほど変わりはありません。患者さんだけでなく、医師や看護師、その他の職業の方と連携しながら業務を行っていく形になります。

医療チームの一員として活躍したいと思っているのであれば、薬局よりも病院の方が向いているでしょう。また、最新の医療設備や技術、知識に触れたいと思っている方も病院で働くのがおすすめです。

注意しなければならないこととして、病院で働く薬剤師は夜勤がある可能性があります。 夜勤をしたくなくて病院から転職したという薬剤師もいるわけなので、この点をよく考えておいた方が良いでしょう。

また、転職活動にはある程度の時間がかかることも覚悟しておいた方が良いでしょう。 できるだけスムーズに病院へ転職したいと思っているのであれば、薬剤師の転職支援サイトを活用するのがおすすめです。

病院の求人は、非公開求人という形で出される事も多いです。これは、好条件の求人を大々的に出すのではなく、条件がマッチした方やサイトに登録している方のみを対象に公開するもの。

応募者が殺到しそうなものも非公開求人という形で出されることがあるのですが、転職支援サイトに登録をしていなければこういった情報を得ることができません。

好条件の非公開求人情報を得るために転職支援サイトに登録しているという方も珍しくないので、複数の転職支援サイトに登録してたくさんの情報を得ましょう。

より良い条件の職場で働きたいと思っている方も非公開求人をねらって転職支援サイトに登録してみてはどうでしょうか。

薬剤師、ドラッグストアでの仕事

薬剤師の職場として代表的なのがドラッグストアです。ドラッグストアの数自体もとても多いため、全国各地で沢山の求人が出されています。また、新規でオープンするドラッグストアも沢山あるので、求人の数が極端に減ってしまうことはないでしょう。

では、自分に合ったドラッグストアの求人情報見つけるためにはどうすればいいのかというと、いくつかの方法が挙げられます。

まず、転職支援サイトを使った方法です。 様々な転職支援サイトでドラックストアの求人情報を取り扱っています。 自分に合った職場を探すためには、できるだけ求人数が多いところを選択した方が良いですね。

大手の転職支援サイトであれば、経験豊富なキャリアコンサルタントが就職活動の相談にのってくれます。

他にも知人などから紹介してもらったり、地元の求人情報誌を活用する方法が挙げられますが、今はインターネットで転職活動する方が増えています。 やはりインターネット使った転職活動の方が最新の情報を集めやすいだけでなく、自分の空き時間を活用して転職活動ができるという魅力があるからでしょう。

コンサルタントに相談をしながら転職活動をしようと思った場合、様々な職業の求人情報が集まっているサイトではなく、薬剤師専門のサイトを活用するのがおすすめです。

薬剤師専門の転職支援サイトであれば薬剤師という仕事について理解の深いキャリアコンサルタントが集まっているため、かなり踏み込んだ質問などもできるのです。

実際に薬剤師という仕事についてよく理解している人でなければわからないような質問もしやすくなるため、かなりこだわった転職活動をしたいと思っている方も活用してみると良いですね。

それから、ドラッグストアの求人は非常に数が多いです。 その中で、どの職場が良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。 薬剤師専門の転職支援サイトであれば、一人一人の希望に沿った職場選びをしてくれるため、より自分が満足できる職場を見つけやすくなるはずです。

このページの先頭へ